Uploader BBS(十六夜)

Top  File  Thread  Folder  [BBS]    Uploader Back to Global Top  
1: 十六夜スレッド  その2 (431)   2: 「~ 「パンドラボックス」 単発詰め合わせ ~」用 (41)  
[ 1 - 2 / 2 ]

1 : 431   十六夜スレッド  その2

Back to Global Top   Back to BBS   RelatedUser (十六夜) 
Previous50 Next50 Latest20   Display All  1- 101- 201- 301- 401-

ArticleNumber :
1 : 十六夜 : ID:bhT0ZKbs
2スレ目。

427 : ゴジ平 : ID:ZyWo0tvY
あけましておめでとうございます!待ってましたよ十六夜さん!!
今年も新年初抜きは十六夜さんでしたわ!新作シコリティ高杉ィ!

428 : 名無しさん : ID:69KaAuPM
あけましておめでとうございます!

>>421
女子が死ぬ、というか負傷させられるだけでも大騒ぎになりそうですな
男子がどれだけ軽く扱われてるかがよくわかりますw

429 : ショージン : ID:QnupjCsQ
あけましておめでとうございます。
妹と幼馴染シリーズ大好きです!特に1と3には何度お世話になった事か…!
続編を見ることができて嬉しいです
1000倍のビルの中で愛液に苦しめられるのいいですね…!

今年もお世話になります!

430 : 名無しさん : ID:slXvafCM
ずっと待ってます

431 : 名無しさん : ID:OW0JDtXY
制限付きの小説が読めなくなって悲しい。
対応お願いします。

Previous50 Next50 Latest20   Display All  1- 101- 201- 301- 401-

Name(*) [ ? ] :    
E-mail(*) [ ? ] :     Password (*) [ ? ] :

Fields with (*) next to them do not need to be filled in.
2 : 41   「~ 「パンドラボックス」 単発詰め合わせ ~」用

Back to Global Top   Back to BBS   RelatedUser (十六夜) 
Previous50 Next50 Latest20   Display All  1-

ArticleNumber :
1 : 十六夜 : ID:3H/MGv.I
えーぶっちゃけると、パンドラの箱が開けられたときそこに入っていた災厄はみんな外に出てしまいました。
でもひとつだけ箱の中に残ったものがあります。それは「希望」。
なわけねぇ。残ってるのは巨大娘に蹂躙される小人達の「絶望」だけです。

というわけで単発をまとめてみました。
まとめた理由は本編のクラナがまだ終わってないのに別の作品でクラナを流すのが嫌だったから。
まぁ詰め合わせってもたかが6つですけどね。
形式はいわゆるメモ帳形式です。

最近のクラナおとなしいし、虐殺物は書いてて楽しかったです。
「人魚」は昔のを再編集しただけですが。

とりあえず良かったら感想ください。

37 : ジン : ID:QcUZl9Y6
はじめまして。私ジンと言います小春日和すばらしいです。
ぜひ続きを書いていただけませんか?

38 : 十六夜 : ID:yGPxvgPM
ここに来ていきなりの小春フィーバー!?

>先代十六夜、トキさん & ジンさん
 ご感想感謝です。
 ただ小春は「妹」や「クラナ」とは違って初から単発で終わらせるつもりだったので今後の展望はまるで考えていないんですよ。
 なので続編は出るにしてもいつになるかわかりません。それでもよろしければ期待しないで待っていてください。

では失礼します。

39 : みどうれい : ID:u7cRA1fo
「小春日和」 読ませていただきました。巨大な弟くんのパワーと純真さがよかったです。
巨人の力で兄さんをオモチャにして遊んでほしいです。
創作お疲れ様でした。

40 : 十六夜 : ID:CQ4UYFCo
そうですねー、小春が暴走したら秋斗は即座におもちゃ化しますね。
小春の中には秋斗を傷つけたくないという思いと、嫌われたくないという気持ちがあるので普段はそういう事はしないと思いますが、夢の中やお酒が入ってしまったときはその限りではないと思います。

「(ヒック)お兄ちゃん…まだ大丈夫…」
小春の足が地面に無数のヒビを入れてめり込んでいる中、その巨大な指の下敷きになっている秋斗。
「無理無理無理無理! 重いから!」
秋斗は足の人差し指の下に捕らえられていた。
抱えることも出来ないほど太い指だ。
「そっかぁ…ヒック…じゃあもうちょっとだけ…」
小春が足に体重を乗せる。すると足は更に地面へと沈下した。
足が大地に沈み込む中、兄を捕まえている人差し指だけが沈んでいなかった。
兄は、自分の周辺の地面が、弟の体重で音を立てて沈み込んでいくのに冷や汗を流していた。

って感じですかな。もっと色々出来そうですね。


41 : 名無しさん : ID:IJ.DR9bE
なかなか来ないので言ってみる十六夜さんの残酷系GTSを全裸で待機中

Previous50 Next50 Latest20   Display All  1-

Name(*) [ ? ] :    
E-mail(*) [ ? ] :     Password (*) [ ? ] :

Fields with (*) next to them do not need to be filled in.
[ 1 - 2 / 2 ]
  Account : hearthiel Password :   (Top)