Uploader BBS(そりお)

Top  File  Thread  Folder  [BBS]    Uploader Back to Global Top  
1: 作成記 (91)  
[ 1 - 1 / 1 ]

1 : 91   作成記

Back to Global Top   Back to BBS   RelatedUser (そりお) 
Previous50 Next50 Latest20   Display All  1-

ArticleNumber :
1 : そりお : ID:C0x4Tt3E
超久々に思い立って拾い画でコラしてみました。

87 : みどうれい : ID:fnIZlzfQ
そりおさんへ。
お返事をいただき嬉しいです。
そりおさんの作品を見ていると、
いろいろな(短編の)物語が妄想できると思います。
また時間があれば、作品を書かせていただきますので、
その時はよろしくお願いいたします。

88 : そりお : ID:2drELq9I
みどうさん、
「いろいろな(短編の)物語が妄想できる」というのは、私にとっては
かなりの誉め言葉です。ありがとうございます。
次回も期待してま~す。

89 : みどうれい : ID:NIfXXFn6
こんにちは、そりおさん。
新作「コビトの刺激に悶える巨体」いいですね。
https://gs-uploader.jinja-modoki.com/upld-view-document.php?file=/documents/solio/19032801.jpg
↓(イメージ小説、小人男性の視点で)
小人になった俺と友人2人は由梨香様の家で保護されている。
俺たち3人は奉仕をして感謝の気持ちを示すしかない。
乳首が凄く感じる由梨香様と俺たちは、乳首プレイを毎日している。
「あぁ、りゅやぁん・・・ふぁん・・・るふぁん」
由梨香様の右乳首の上に乗せられた俺、
今日も、自分の体よりもずっと大きい乳首を愛撫する。
俺の体に、興奮した由梨香様の鼻息が嵐のように吹きかかってくる。
乗せられている乳房の上で、俺は由梨香様の乳首を愛撫していたのだが、
今日も小人の俺の愛撫に興奮しすぎたのだろう、
俺の頭上から由梨香様の右手がおおいかぶさってきた。
3階建ての大邸宅より巨大な乳房に、長さ10メートル以上もある由梨香様の指が迫る。
俺は慌てて巨大乳首から手を放し、背後の乳輪の上に逃れる。
巨大な人差し指と親指が、俺がしがみついていた乳首を優しく摘まんで、
快楽を楽しむように、ゆっくりと3メートル以上も引っ張り上げる。凄い光景だ。

90 : みどうれい : ID:NIfXXFn6
(続き)
不思議な現象が起きていた。巨大な由梨香様の身体の上に乗せられた俺たち3人なのだが、
重力のようなモノが発生していて由梨香様にへばり付いて落ちないのだ。
由梨香様がすごく興奮しているのが分かる。
自分の大きな乳首を愛撫し、もうイキかかっている。
その快楽が俺の脳にも伝わる。
地震のように巨体が揺れる、この状況でも俺のモノは大きく勃起する。
あ、あ、あ、すごく気持ちがいい・・・。
俺は由梨香様の大きく動く乳首に跳ね飛ばされそうになる。
今の俺は快楽の中で由梨香様がその巨体で俺たちを捻り潰さないように祈るしかないのだ。

その時、由梨香様の声が周囲に響き渡ったのだ。(続く)

91 : そりお : ID:Nr.O5cow
>みどうさん
物語をふくらませていただき、ありがとうございます。
由梨香様の鼻息を受けてみたいものですね。
「重力のようなモノが発生」するという、都合のいい設定も好きです(笑

Previous50 Next50 Latest20   Display All  1-

Name(*) [ ? ] :    
E-mail(*) [ ? ] :     Password (*) [ ? ] :

Fields with (*) next to them do not need to be filled in.
[ 1 - 1 / 1 ]
  Account : solio Password :   (Top)